本日のおすすめ『第一志望合格のために必要不可欠な勉強法とは?【自学自習が最強!】』等

環境地水の実践 土壌浸透による治水計画設計・施工事例 ベランダ寄せ植え菜園

雨水を本来の自然浸透による工法でコントロールする世界初の治水技術(東京大学、千葉大学との共… 1つの鉢に1種類の野菜を植えて育てていませんか?自然の力をうまく使えば、ベランダでも少ない肥料、農薬不要で野菜づくりが楽しめる!数々の家庭菜園本でおなじみのたなかやすこ氏がたどりついた、シンプルかつオーガニックなコンテナ栽培のノウハウを一冊にまとめました。自然の力を最大限…

注目の情報『認知症ケアプログラム』(株式会社 ダーザイン)

認知症ケアプログラム

認知症家族の問題行動を自宅で根本からケアしていく方法を大公開。一日5分から出来る認知症の改善法をお伝えしていきます。
まったく新しい方法で、認知症のケアが出来るこの方法をぜひ試して実感してみてください。
実際に認知症のケアに効果のあった7つのマル秘ポイントをご紹介します。
お医者さんに現状維持で行くしか無いですね、と言われたとしてもこの方法で認知症をケアしていくことは不可能じゃありません。
どの家庭にもある道具で鍼治療と同じ効果のある物を作ることが出来ます。
それを使ってマル秘ポイントをトントンと10回ほど毎日刺激してあげることによって、認知症緩和がぐんぐんと進んでいくことでしょう。

認知症ケアプログラムの公式サイトへ

おなかがへこむ 深部筋エクササイズ 子どもの学力を伸ばす「黄金の習慣」

おなかをへこませ、スタイルをよくするのに一番大切なのは、腰椎や骨盤の周辺にある「深部筋」(インナーマッスル)と体幹(身体の中心、背骨のちかく)にある大きな筋肉です。これらの筋肉を活性化し、全体でその量を1キログラム増やすと、姿勢やプロポーションがよくなるだけでなく、基礎代謝… 12ヵ国語を自在に操る著名な数学者、ピーター先生が全国のお父さんお母さん向けにわかりやすく書いた画期的な家庭学習方法!経済格差や教育格差に負けず、子どもたちの頭と心に「財産」を持たせるにはどうすればよいのか。どうすれば子どもたちが自信を持てるようになるのか。学力の基礎となる…

おすすめはやはり『認知症ケアプログラム』

認知症ケアプログラム

認知症にも色んな種類がありますが、その種類によって対処の仕方も変わってくるのです。
もしテレビや雑誌、ネットで紹介された方法で対処していたとしたら、今すぐ止めて下さい!その間違った方法で認知症はどんどん進行してしまう事になるからです。
言葉でいくら言っても認知症患者には伝わりません。
直接心へと訴えることが重要です。
心身の根本へ働きかけてケアしていく「〇〇療法」を大公開します。

認知症ケアプログラムの公式サイトへ